お知らせ 共通農業語彙(CAVOC) 農作業基本オントロジー(AAO) 農作物語彙体系(CVO) 研究グループ 語彙検索 語彙集(β) リンク
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度




「農業ITシステムで用いる農作物の名称に関する個別ガイドライン」への対応 [2017/11/28]
農作物語彙体系(CVO, Crop Vocabulary)と内閣官房による「農業ITシステムで用いる農作物の名称に関する個別ガイドライン」の連携が可能になりました。

CAVOCでは、「農業ITシステムで用いる農作物の名称に関する個別ガイドライン(2017年3月10日(第2版))」の語彙リストに対して農業ITシステムへの利活用に必要なURIと語彙データを提供しております。

リンク : 農作業語彙体系(CVO)

研究発表 : 知的環境とセンサネットワーク研究会 [2017/11/17]
鶴岡市で行われた知的環境とセンサネットワーク研究会にて発表がありした。

竹崎あかね, 法隆大輔, 朱成敏, 武田英明, 吉田智一: 農業ITシステム間のデータ連携を促進する農作物語彙体系の構築, 電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会, vol. 117, no. 310, ASN2017-J27, pp. 98-99 (2017).

朱成敏, 武田英明, 竹崎あかね, 吉田智一: 農作物語彙体系を用いた農業ITシステムのデータ連携, 第31回人工知能学会全国大会, 電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会, vol. 117, no. 310, ASN2017-J52, pp. 169-170 (2017).

農作物語彙体系(CVO)が公開されました [2017/10/19]
農業ICTシステム間のデータ連携を目的として農作物名称の語彙体系として構築された農作物語彙体系(CVO, Crop Vocabulary)を公開しました。CVOは農作物において重要な語彙リスト;公的機関により発行された3つの語彙リスト、及び登録品種名称を整理したCAVOC品種リストと交換性を持ち、農作物における標準語彙として位置づけられます。また、CVOはアメリカのNCBI(National Center for Biotechnology Information)のtaxonomy DB, ウィキペディアとも連携されております。

CAVOCでは以下の4つの語彙リストに対してURIと語彙データ、関連APIを提供しております。
     
語彙リスト 発行機関 改訂版数
農薬登録における適用作物名 農林水産省 2017.3.31改正
農産物等の食品分類表 厚生労働省 2013.7版
日本食品標準成分表,資料2 食品の原料となる生物種の英名・学名 文部科学省 2015年版 七訂
CAVOC品種リスト 共通農業語彙 2015年版 七訂
     
リンク : 農作業語彙体系(CVO)

研究発表 : 2017年度 人工知能学会全国大会 [2017/5/24]
名古屋市で行われた2017年度人工知能学会全国大会にて発表がありした。

朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一: 標準語彙に基づく農業データの連携と統計への活用, 第31回人工知能学会全国大会, No. 2E3-OS-36a-4, 名古屋 (2017), 人工知能学会.

竹崎あかね, 法隆大輔, 朱成敏, 武田英明, 吉田智一: 農作業基本オントロジーを基盤とする水稲技術経営指標データの連携, 第31回人工知能学会全国大会, No.2E3-OS-36a-2, 名古屋 (2017), 人工知能学会.

Linked Open Data チャレンジ Japan 2016 受賞 [2017/2/17]
農作業基本オントロジーに基づく農作業名称のデータが「Linked Open Data チャレンジ Japan 2016」で以下の賞を受賞しました。

- データ部門 優秀賞
- ゴールドスポンサー賞 オントロジー賞(オントロノミー合同会社)

(詳細 : 【プレスリリース】Linked Open Data チャレンジ Japan 2016 受賞作品発表)

APIの公開 [2017/1/10]
以下のAPI を公開しました。
- 農作業名称を農作業基本オントロジーから検索し、英名を取得するAPI
- 農作業名称を農作業基本オントロジーの同義語から検索し、標準語彙を取得するAPI

(詳細 : http://cavoc.org/aao.php#api)

農作業基本オントロジー(AAO : Agriculture Activity Ontology)が更新されました。 [2017/1/5]
農作業基本オントロジー(AAO : Agriculture Activity Ontology) ver 1.41を公開しました。

http://cavoc.org/aao/


受賞 : 人工知能学会2015年度研究会優秀賞 [2016/6/24]
人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー研究会(SIGSWO)で発表しました、
朱成敏, 小出誠二,武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : 記述論理に基づく農作業オントロジーの設計と応用 が人工知能学会2015年度研究会優秀賞を受賞しました。

(詳細 : http://www.ai-gakkai.or.jp/about-us/jsai_award-sig/#INCENTIVE)
 
研究発表 : 2016年度 人工知能学会全国大会 [2016/6/9]
北九州市で行われた2016年度人工知能学会全国大会にて発表がありした。

朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : データ連携のためのオントロジーを用いた農業分野の用語標準化


研究発表 : 農業情報学会2016年度年次大会 [2016/5/19]
東京大学で行われた農業情報学会 2016 年度年次大会にて発表がありした。

竹崎あかね, 法隆大輔, 吉田智一, 武田英明, 朱成敏 : データ連携に必要な「農作物の名称」表現の提案

法隆大輔, 竹崎あかね, 武田英明, 朱成敏, 吉田智一 : 農作業基本オントロジーAAOにおける概念階層構成上の諸問題


農作業基本オントロジー(ver 1.31)を公開しました。 [2016/4/21]
農作業基本オントロジー(AAO : Agriculture Activity Ontology) ver 0.31を公開しました。

http://cavoc.org/aao/


研究発表 : Interest Group on Agricultural Data (IGAD) Pre-plenary meeting [2016/2/28]
東京大学で行われたInterest Group on Agricultural Data (IGAD) Pre-plenary meetingにて発表がありした。

A vocabulary based on agriculture activity ontology to facilitate compatibility among agriculture IT system

Hideaki Takeda, Sungmin Joo (National Institute of Informatics, NII), Daisuke Horyu, Akane Takezaki (National Agriculture and Food Research Organization,NARO)

[Abstract]Now it is getting common for farmers to use IT systems to manage their activities. To realize incomparability among IT systems, we are building the vocabulary based on the agricultural activity ontology. The words in the vocabulary have logical definitions because the ontology is formalized based on description logic. As a result, the vocabulary has expendability to add new words and flexibility to generate custom vocabularies such like those for specific crops and regions.

研究発表 : 人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー研究会(SIGSWO)  [2016/2/18]
朱成敏, 小出誠二,武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : 記述論理に基づく農作業オントロジーの設計と応用

[概要] The spread of agricultural IT systems has been accompanied by generating various data such as farming information or agricultural activities. These data is expected to optimization of agricultural activities and prediction of harvest yield. To analyze the stored data, data sharing and integration between agricultural IT systems is essential. However, since there is a lot of multimeaning vocabulary and no guidelines in agriculture field, each of the agricultural IT systems has been operated based on its own vocabulary. In this paper, we propose and we develope agricultural activity ontology based on description logic as core vocabulary for agriculture that becomes the guidelines for data federation between agricultural IT systems.

農作業基本オントロジー(ver 1.10)を公開しました。 [2016/2/12]
農作業基本オントロジー(AAO : Agriculture Activity Ontology) ver 0.10を公開しました。

http://cavoc.org/aao/


研究発表 : 電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN) [2015/11/6]
朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : 農業ITシステム間データ連携のための農作業基本オントロジーの構築

[概要] 近年,農業現場では農作業や作物生育の記録・管理を行う農業ITシステムの普及により様々なデータが発生している.これらのデータは解析により農作業の最適化や,収量などの予測を実現する重要な資料として期待されている.蓄積されたデータを解析するためには利用者間,またはシステム間のデータ共有や統合が不可欠である.しかしながら,農業現場が持つ農作業語彙の多様性と基準となる情報がないためそれぞれの農業ITシステムは独自の用語や表記を基盤として運用されており,これはデータの連携において障害となる.そこで、本研究では多圃場営農管理システム間データ連携の基盤となる共通農業語彙として農作業基本オントロジーを提案し,構築を行った.また,その有用性と今後改善すべき事項についての考察を通じて農作業名称の標準としての可能性を確認する.

農作業基本オントロジー(ver 1.00)を公開しました。 [2015/11/2]
農作業基本オントロジー(AAO : Agriculture Activity Ontology) ver 1.00を公開しました。

http://cavoc.org/aao/


農作業基本オントロジー(ver 0.94)を公開しました。 [2015/5/12]
農作業基本オントロジー(AAO : Agriculture Activity Ontology) ver 0.94を公開しました。

http://cavoc.org/aao/


研究発表 : APAN 39th Conference [2015/3/4]
福岡で行われたAPAN 39th Conferenceにて研究発表しました。

Standardized and structured terminology specific for agricultural practice on rice cultivation in Japan,Akane Takezaki (NARO, Japan)

[Abstract] Standardized vocabulary is needed to share, exchange, and annotate information. In the agricultural domain, FAO has developed a core ontology to be used as a starting point for building more detailed domain specific ontologies. In the new research project: SIP (Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program), our goal is to standardize and structure terminology specific for agricultural practice on rice cultivation in Japan with reference to FAO ontology.

http://www.apan.net/meetings/Fukuoka2015/Sessions/7/apan_takezaki.pdf


AGROVOC SPARQL Endpoint [2015/1/22]
AGROVOC SPARQL Endpointを立ち上げました。

http://lod.ac/agrovoc/sparql


共通農業語彙研究をスタートしました。 [2014/11/27]
共通農業語彙(CAVOC : Common Agricutural VOCabulary)研究をスタートしました。本研究では、農業関連システム間のデータ相互運用性向上を目的に 共通農業語彙基盤を構築します。


URL : http://www.cavoc.org
お問い合わせ : cavoc [at] nii.ac.jp


cavoc.org