お知らせ 共通農業語彙(CAVOC) 農作業基本オントロジー(AAO) 農作物語彙体系(CVO) 研究グループ 語彙検索 語彙集(β) リンク
研究成果
メンバー
お問い合わせ




研究成果
 
竹崎あかね, 法隆大輔, 朱成敏, 武田英明, 吉田智一: 農業ITシステム間のデータ連携を促進する農作物語彙体系の構築, 電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会, vol. 117, no. 310, ASN2017-J27, pp. 98-99 (2017).
 
朱成敏, 武田英明, 竹崎あかね, 吉田智一: 農作物語彙体系を用いた農業ITシステムのデータ連携, 第31回人工知能学会全国大会, 電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会, vol. 117, no. 310, ASN2017-J52, pp. 169-170 (2017).
 
朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一: 標準語彙に基づく農業データの連携と統計への活用, 第31回人工知能学会全国大会, No. 2E3-OS-36a-4, 名古屋 (2017).
 
竹崎あかね, 法隆大輔, 朱成敏, 武田英明, 吉田智一: 農作業基本オントロジーを基盤とする水稲技術経営指標データの連携, 第31回人工知能学会全国大会, No.2E3-OS-36a-2, 名古屋 (2017).
 
朱 成敏, 小出 誠二, 武田 英明, 法隆 大輔 , 竹崎 あかね, 吉田 智一 : 農作業基本オントロジーに基づく米の生産費統計調査の自動化, セマンティックウェブとオントロジー研究会, No. SIG-SWO-041-14 人工知能学会 (2017).
 
朱成敏,武田英明,法隆大輔,竹崎あかね,吉田智一:農業ITシステム間のデータ連携のための農作業基本オントロジーの構築と利活用, 電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会, vol.116,no.308,ASN2015-75,pp.129-132 (2016).
 
竹崎あかね,法隆大輔,吉田智一,朱成敏,武田英明 : 農業ITシステム間のデータ連携を可能にする農作物の名称表現, 電子情報通信学会技術研究報告,知的環境とセンサネットワーク研究会, vol. 116, no. 308, ASN2015-75, pp. 133-134 (2016).
 
Designing of Ontology for Domain Vocabulary on Agriculture Activity Ontology(AAO) and a Lesson Learned, Sungmin Joo, Seiji Koide, Hideaki Takeda, Daisuke Horyu, Akane Takezaki and Tomokazu Yoshida Joint International Semantic Technology Conference(JIST), (2016)
 
Agriculture Activity Ontology : An ontology for core vocabulary of agriculture activity, Sungmin Joo, Seiji Koide, Hideaki Takeda, Daisuke Horyu, Akane Takezaki and Tomokazu Yoshida The 15th International Semantic Web Conference(ISWC), (2016)
 

朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : データ連携のためのオントロジーを用いた農業分野の用語標準化 ,2016年度人工知能学会全国大会 (2016)

 

法隆大輔, 竹崎あかね, 武田英明, 朱成敏, 吉田智一 : 農作業基本オントロジーAAOにおける概念階層構成上の諸問題,農業情報学会2016年度年次大会 (2016)

 

竹崎あかね, 法隆大輔, 吉田智一, 武田英明, 朱成敏 : データ連携に必要な「農作物の名称」表現の提案,農業情報学会2016年度年次大会 (2016)

 
Agriculture activity ontology as a basis of core vocabulary for farm management systems, H. Takeda, S. Joo, D. Horyu and A. Takezaki: in PhenoHarmonIS workshop: Semantics for Harmonization and Integration of Phenotypic and Agronomic Data, Montpellier (2016)
 
Proposal of Standard Vocabulary based on Agriculture Activity Ontology to facilitate compatibility among Agriculture IT Systems, A. Takezaki, D. Horyu, H. Takeda and S. Joo, in PhenoHarmonIS workshop: Semantics for Harmonization and Integration of Phenotypic and Agronomic Data, Montpellier (2016)
 

朱成敏, 小出誠二,武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : 記述論理に基づく農作業オントロジーの設計と応用 ,人工知能学会 セマンティックウェブとオントロジー研究会(SIGSWO)(2016)

 

H. Takeda, S. Joo, D. Horyu and A. Takezaki : A vocabulary based on agriculture activity ontology to facilitate compatibility among agriculture IT systems,Interest Group on Agricultural Data(IGAD), Pre-Meeting Agenda, Research Data Alliance(RDA) (2016)

 

朱成敏, 武田英明, 法隆大輔, 竹崎あかね, 吉田智一 : 農業ITシステム間データ連携のための農作業基本オントロジーの構築,電気情報通信学会知的環境とセンサネットワーク研究会(2015)

 

竹崎あかね,法隆大輔,武田英明,朱成敏,吉田智一 : 情報共有に資する稲作業語彙体系の試作,農業情報学会2015年度年次大会 (2015)

 
A. Takezaki, D. Horyu, and T. Yoshida : Standardized and structured terminology specific for agricultural practice on rice cultivation in Japan, APAN 39th Conference (2015).

メンバー
   
竹崎あかね 農業・食品産業技術総合研究機構農業技術革新工学研究センター
法隆大輔 農業・食品産業技術総合研究機構農業技術革新工学研究センター
   
武田英明 国立情報学研究所
朱成敏 国立情報学研究所


お問い合わせ

お問い合わせ先 : cavoc [at] nii.ac.jp

 
 

本研究(の一部)は、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 「次世代農林水産業創造技術」(管理法人:農研機構 生物系特定産業技術 研究支援センター)によって実施されました。

cavoc.org